青色申告 / 会計ソフト導入すべき?【確定申告】【見積書】【請求書】【フリーランス】

こんにちは、フリーランスWEBデザイナーのminoyanです。
会計ソフト、「導入してよかった!」という紹介をよく目にしますが、「本当に必要なのかな?」と思う方も多いのではないでしょうか。

私自身、「会計ソフトは要らない」と思っていたのですが、いざ使ってみたら手放せなくなってしまいました。

実際何がいいのかまとめます。

※私が使用しているのは「弥生青色申告オンライン」で、このソフトの使用を前提にお話します。
弥生青色申告オンライン ▶︎ https://www.yayoi-kk.co.jp/products/aoiro_ol/index.html

会計ソフトは要らないと思っていたけど…

私は普段、扶養範囲内でお仕事を受けています。(今年はありがたいことにたくさん案件をいただいたので超えそうです。)毎月いただく金額もこなす件数もある程度決まっており、会計ソフトを利用するほど困ることはありませんでした。

ただ、令和2年分の確定申告は青色申告デビューで、多少心配はありました。それでも金額はそれほど多くないし、そんなに難しくないだろうと思っていたのです。

しかし!実際に青色申告をやってみると、科目?経費の名前?難しい言葉があったり、なんの数字を入れればいいのかわからない項目があったりと、本当に大変でした。

結局調べてもわからない項目があり挫折…無料体験ができる会計ソフトがたくさんあるので利用することにしました。

わからなかった項目を自動で計算!入力!

私が選んだのは「弥生青色申告オンライン」というものです。理由は無料体験できる期間が一番長かった!からです。(単純。)

弥生青色申告オンラインは1年無料!他のソフトは1ヶ月〜3ヶ月くらいだったと思います。

そしていざ入力を始めると、どこになんの値段を入れればいいのかわかりやすかったです。なんと書いたらいいかわからない部分も、会計ソフトなら選択式になっていたのですぐにわかりました。数値も自動計算して入力してくれます。

とても長く悩んでいましたが、ソフトのおかげですぐに終わって本当に助かりました。

見積書や請求書を作成してくれるシステムもある

弥生会計ソフトの中には、Misocaという見積書や請求書を作成してくれるシステムもあります。
Misoca ▶︎ https://www.misoca.jp/

私も毎月数枚ではありますが、こうした書類を作る必要があります。今までエクセルで管理をしていましたが、管理方法があまり定まっていませんでした。

Misocaを使えば形式に困ることはないですし、管理もしてくれるのでとても助かっています。私のように数枚で済むようであれば無料なのでとてもうれしいです。

まとめ

会計ソフトは一度手を出してしまうと離すことはできないかもしれないくらいとても便利です。収入がそんなに多くなくても、青色申告をするようであれば導入しておいた方が失敗がないと思います。

弥生青色申告オンラインは年額8,000円程度(2021.04.23現在)で、他の会計ソフトより少額だったと思います。

青色申告にお金をかけるのに抵抗がありましたが、悪気がなくても申告を誤って脱税などあっては困ります…会計士さんを雇う費用と比較したら年額8,000円はとっても安いです。

他の会計ソフトと比較したわけではありませんが、今は弥生ソフトの使い方で慣れてしまったのと、Misocaで書類の管理をしていることもあり、このまま弥生オンラインを利用していきたいと思います!導入を悩んでいるフリーランスさんはぜひ無料体験してみてほしいです。

この記事を書いた人