私がWEBデザイナーを目指した理由

今回の記事は、私がWEBデザイナーを目指したきっかけと今に至るまでです。
目指し始めた当時27歳、現在32歳。今に至るまで年月で見ると5年と長いですが、のんびりやっていたら今の形になりました。

HTML & CSSとの出会い

私が初めてHTMLとCSSに触れたのは26歳のときです。夫が職場でHTMLとCSSに触れることになり、会社からコーディングの本を借りてきて、プロゲートにはまっていました。

minoyanもプロゲートやってみなよ?

と言われたので触ってみることに。始めはわからなかったのですが、夫に聞きながら進めていくうちどハマりしてしまいました。私は元々数学が好きだったり、パズルっぽいのが好きだったりな性格で、簡単なHTMLとCSSですがプロゲートが楽しくて仕方なかったです。

その後、HTMLとCSSの本を一冊購入して、実際にサイトを作ることに挑戦しました。初めて作ったサイトはもうどこかへ行ってしまったのですが、とにかく下手くそなサイトだったと思います笑

それでも1つ出来上がった時、達成感でいっぱいでした。

スマホにヒューマンアカデミーの広告が出てきた

HTMLとCSSを知ってしばらく時が経ちまして、スマホをいじっていたある日、ヒューマンアカデミーの「Webデザイナーを目指そう!」みたいな広告が出てきました。ママが笑顔で赤ちゃんを膝に乗せ、パソコンをいじっている写真付きのやつです笑

「今からでもWebデザイナー目指せるんだ」という衝撃。ホームページ制作楽しい!と思っていたので迷いなく「やりたい!」という気持ちになりました。

しかも今では批判をくらってしまいますが、「在宅」というワードにもかなり惹かれましたね笑

厳密に言えば、「在宅がいいから」という理由でWebデザイナーを目指したのではなくて、たまたまWebデザイナーは「在宅」という選択ができるのを知ったと言う感じなのでそれなら在宅がいい!と思ったのです。

今実際在宅勤務をしていて、とても自分に合っているなと思うところが多いです。
詳細はまた記事にしたいと思います。

スクールに入会

ヒューマンの広告を見たものの、他のスクールも見てみようと思っていろいろ調べました。いつでもどこでも勉強できるオンラインが希望でしたが、今ほどスクールの数は豊富ではありませんでした。どちらかというと、オンラインより先生の直接授業を受ける方がおすすめされてましたね。今でも本来はその方がいいのかもしれませんが…

でも結局ヒューマンの通信に決めました。普段はオンラインで勉強しますが、Webの先生がヒューマン静岡校に来てくれる曜日と時間帯があるので、そこに行けば直接わからないことを聞いたり、講習を受けることもできたからです。私は毎週水曜日に行くと決めて、オンライン学習をしながら毎週通いました。

勉強期間が終わり…

ヒューマンの学習期間が終わり、さていよいよ就職活動か!というところですが…すぐ転職活動ということになりませんでした。

当時やっていた事務職は契約期間がり、期間途中でやめると言うことが頭になく…しかも公務だったので副業で力をつけて…ということもできませんでした。勉強やポートフォリオを作るくらいはしてましたが、割とゆるりと過ごしていました。

でも3ヶ月後、とある事情で事務職を退職することになりました。じゃぁ今度こそ!というところですが、すぐ正社員という選択ができない状況で思うように転職活動ができませんでした。

飼っている犬でお世話になっているペットショップから声がかかる

我が家ではトイプードル2匹を飼っているのですが、月一回トリミングのために通っているペットショップがあります。そこで、今までトリミング予約を土日にしていたのに、急に平日に入れるようになったのが気になったようで、私の仕事状況を社長が聞いてくれました。

minoyan

実は事務職を退職しまして…これからはWebデザイナーを目指したいと考えてはいるのですが…

てな感じでお話したら、

社長

じゃぁ次の職場が見つかるまででいいからうちのサイトを管理してよ。

SNSとかネット関係でやりたいこともあるんだよ。

というお誘いをいただきました。
そこからペットショップのインハウスデザイナーでお仕事がスタートしたのです。形態としてはパート的な感じでしかも在宅。かなりありがたい条件で採用してもらいました。

その後、徐々に幅を広げる

ペットショップのお仕事がスタートして1年ほど過ぎた頃、インターネット検索で「未経験OK!在宅勤務!無理な仕事は頼まないので子育て中でも歓迎!」みたいなタイトルの求人を見つけました。

当時29歳くらいだったと思いますが、求人では条件が「29歳まで」とされているところも多くとても焦っている時期でした。

「採用されてから考えよう」と勇気を出して応募。そして、私がペットショップでサイト管理やSNSを取り扱っている経験があることで採用となりました。(「未経験」というワードがあるとはいえ、経験者がいれば優遇されてしまうんですよね…当時他の応募者はまったく経験がなかったそうです。)

採用となってからしばらくできない仕事もあったのですが、声をかけてもらえることが増えて最終的にホームページ制作も頼まれるようになりました。

そうして1年ほど過ぎた頃、今度は独学に限界を感じて悩むことが増えました。

そんなとき、ずっとサボっていたTwitterを再開し、フリーランス向けのコミュニティやWebアシスタント募集のツイートを見つけ、思い切って参加や応募をしていくことで目標を明確にすることができました。

まとめ

私は未経験スタートですが運良く今に至りました。
一番は、ペットショップの社長が私を拾ってくれたことですね。
「未経験の人はインハウスデザイナースタートがおすすめです。」というのをよく目にしますが、私も実際良かったと思います。

でも、個人的にはまだまだ自信がありません。(フリーランスは常に試行錯誤で、自信が持てるようになることはないかもしれませんが…)

2、3年後、しっかり一人前になってリスタートできるようがんばります!

この記事を書いた人